水の種類やウォーターサーバーの詳細

宅配の水を選ぼう!オフィスや家庭で大活躍なわけ!!

宅配の水を選ぼう

宅配してもらえる水の種類もウォーターサーバーの普及につれて、多数増えてきています。たくさんある水の中から好きな味を選べるのはうれしいことです。

一番人気は、やはりミネラルウォーター(各地の水源から採水されカビなどを殺菌処理した飲料水)ですが、その中にもいろいろな種類があります。

成分や衛生処理の方法などメーカーによって様々ですので、硬度や含まれるミネラルの種類など充分に比較してみましょう。

ナチュラルミネラルウォーター…一般にミネラルウォーターと呼ばれるもので、ろ過・沈殿・過熱殺菌処理されている安全性の高い水です。

ミネラルウォーター…ナチュラルミネラルウォーターとは区別されていて、ミネラル分を添加した水です。

ボトルドウォーター…原水が地下水以外のミネラルウォーターで、食品衛生法に基づく殺菌処理がされた水です。

健康ブームの近頃では、水についての情報がたくさん紹介されています。インターネットの口コミや水についてのサイトなどを参考にして、自分のおいしいと感じる水を上手にとって健康的な毎日を心地よく過ごしましょう。

宅配業者を比較してみよう

ストックがなくなる度にミネラルウォーターをスーパーまで買いに出かけるのは面倒ですし、重いペットポトルは運ぶのも手間がかかるものですね。その家庭の使用頻度やさまざまな状況によって違うと思いますが、上記のようなことを考えると水を宅配してもらうのは大変便利です。
ウォーターサーバーのレンタル業者を選ぶときには主に下の点を考慮してチェックしておくと良いでしょう。
・費用
・メンテナンス
・使いやすさ
・水の種類
・宅配地域
これらはもちろん、各宅配業者によって少しずつサービスの違いがありますし、前もってカタログや資料を集めておいてしっかり比較検討してみましょう。最近ではお得なキャンペーンやお試し期間を設けている業者もあるようですし、インターネットで調べたり、使用している人の感想を聞いてみたり情報収集をしておくと参考になると思います。
水の種類においては、ひとつの宅配業者で何種類もの水を扱っていることが多いので、家族の口に合うおいしい水を見つけたいものですね。

あと、意外と盲点となるのは宅配地域です。たとえば大阪のウォーターサーバー業者であれば、関西にしか宅配していない、というところも存在します。このあたりも自分の住んでいる地域と照らし合わせて考えてみてください。

オフィスや家庭で大活躍なわけ

その利便性から家庭でもかなり普及してきたとはいえ、ウォーターサーバーのレンタルサービスと言えばやはり会社や店舗など業務用として考えられることが多いようです。

特に人が多く集まる場所での使用頻度が高いことから、会社のオフィスや病院の待合室などによく設置されています。

来客の多いオフィスでは、いつでもお茶やコーヒーを出せるように準備しておくのがベストなのでしょうが、急な来客があったり訪問者が重なって準備していたお湯が足りなくなった…なんて事もあると思います。

そんな時ウォーターサーバーがあれば心配することなくどんなときでも即座にお客様をもてなすことができるでしょう。またウォーターサーバーは80~90度の熱湯から約5度の冷水まで蛇口をひねれぱすぐに使用できるので、お湯を沸かしたり冷蔵庫で冷やす手間をかけずに、熱い飲み物はもちろん冷たい飲み物をいつでも用意する事が可能です。

ちょっとした事ですがこうしたスムーズな流れで会社のイメージがアップし、商談が順調に進み易く、自ずと売上上昇にもつながってくるのではないでしょうか。

また、病院などは長い時間、順番待ちを強いられることが多いものですが、そんな時にウォーターサーバーがあれば苦痛に感じる待ち時間も喉を潤す事によってイライラやストレスを少なく過ごせますし、特に喉が渇くとなかなか我慢ができない小さいお子さん連れの方などは何かと役に立つ事が多いのではないかと思います。

ちょっとした待ち時間の多いショールームやサロンの待合室などではウォーターサーバーのそばに紅茶やコーヒーなどが添えてあったりします。

手持ち無沙汰になりがちな待ち時間をリラックスしながら過ごすことで気持ちに余裕ができお店への好印象が増すでしょう。

こんな風に利用することによって、様々な効果を期待できるのも水の宅配サービスの長所のひとつだと思います。

家庭においても同様にいろいろなシーンで活躍するでしょう。

熱湯や冷水がすぐに使えるのは、光熱費の節約にも一役かいます。頻繁には使わないけれど欲しい時のために常に電気ポットを通電していたり、冷えたミネラルウォーターを飲む度に冷蔵庫を開けたり。

けれどもウォーターサーバーなら、その両方がいつでも使える上、家庭用電気ポットの半分ほどの電気使用量なのでコストダウンものぞめます。

健康とエコが日々重視される中、家庭にも将来的に設置を予定している方が増加しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です