水の種類やウォーターサーバーの詳細

肌と髪に意外と影響があった!「水」

肌と髪に意外と影響があった!「水」

お風呂を沸かして、一番最初に風呂に入ると、肌がピリピリするという方がいらっしゃいます。

でも、お風呂に誰かが入った後だと、そうは感じないようです。

一番風呂のピリピリ感は、水道水に含まれるカルキの刺激によるものだそうです。

カルキの性質は、ビタミンC を含んだレモンやその錠剤を水に入れたり、コップの水を指でかき混ぜたりすると、カルキの濃度は混入前の50%以下に低下します。

だからといって、ウォーターサーバーをレンタルして、そのお水でお風呂に入るというのはやりすぎですが、、

肌のまわりには、皮膚から排出された脂肪分によって作られる皮脂膜ができます。

皮脂膜の役割は、外敵からたんぱく質を守ることです。

また、肌のまわりには、常在菌という皮脂を食べる菌があり、これもその代謝物が外敵からたんぱく質を守っています。

健康な肌を持っている方は、お風呂やシャワーでピリピリ感を感じること少ないと思いますが、これは、健康な肌の常在菌には善玉菌が多く見られるからです。

通常、肌は弱酸性で、洗顔すると弱酸性に自然に戻るそうですが、これは肌の表面の皮脂膜と代謝物があるからだと言われています。

髪の毛は、キューティクルというの毛髪の表面に見られるたんぱく質の毛小皮で覆われており、その層は10層くらい重なっているそうです。

毛髪は、皮膚よりも注意が必要です。

なぜなら、皮膚のように脂肪分を排出しないので残留塩素などの影響を受けやすくなっているからです。

すなわち、キューティクルが剥ががれやくすなって、毛髪のゴワゴワ・パサツキが発生し、痛みやすくなります。

これは、残留塩素の影響によるものです。

敏感肌の方には、残留塩素の対策が重要です。

残留塩素の働きは、たんぱく質と結合しやすく、結合後は活性酸素に変化し、その細胞を破壊します。

金魚を水道水の鉢に入れると死ぬのはこのためです。

水道水の殺菌力は、残留塩素0.1ppmの濃度でもチフス菌やコレラ菌などを殺す力があります。

このような残留塩素の働きは、水道水を使って洗い物をすると、皮膚を覆う膜が殺菌され、直接細胞に刺激を与えるため、手が荒れるのです。

更には、シミやソバカス、炎症などといった皮膚の遺伝子レベルまで、大きな影響を与えてしまいます。

これって、水宅配業者を使えば解消できるのでしょうか?・・・

水でおどろきの便秘解消法!?

水分をたくさん飲めば、便秘が解消される、って知ってました?

便秘の原因として、運動不足、不規則な生活、不規則な食生活、食物繊維の不足、ストレスなどが考えられます。

それから、水分の不足も大きな原因の一つなのです。

女性の便秘の原因は、水分を摂取しないことにあるのです。

便秘の解消には、ミネラルウォーターが最適です。

水分不足は、便が固くなって排泄されにくくなり、消化液の分泌量の減少も招きます。

これに対して、水分の摂取は、腸のぜん動運動の刺激や排便の促進を助けます。

特に、ミネラルたっぷりの硬水は、腸の良好な活動を助ける働きが大きいと考えられています。

それなら水の宅配(ウォーターサーバー)ってどうなんでしょうか?

水の宅配

今回は水の宅配について書いていこうと思います。

街中でウォーターサーバーって見たことありませんか?

私の会社にも置いてあるんですが、美味しい水がしかもつめたーい温度で出来ます。逆に熱湯もすぐでてくる優れものなんです。

でもあれって業務用のイメージがありませんか?おそらく起源は業務用でしょう。ですが、業者のマーケット拡大をにらんで家庭にも水の宅配をしてくれるようになりました。

家庭用に水を宅配してくれるといって、イメージとしてはすごい高そうだな思いません??

なんかセレブ専用のサービスというイメージだったんですが、微セレブの会社の先輩があのウォーターサーバーを自宅でも使ってみたいから調べてみたけど以外に安かった。しかも水を宅配してもらえるからすごい楽。って言ってました。そこで私も調べてみるとなんと1リットルあたり100円ちょっとでのめるじゃないですか。

これはいい!と思って、すぐ水の宅配を始めました。韓国の大スターペヨンジュンさんは1日2リットルの水を飲むことで健康を維持してるみたいですが、私も水がおいしいので1日2リットルの水を飲むようになりました。ペヨンジュンさんほどの美貌は手に入れられませんでしたが、お通じがすごいよくなり。

ものすごい健康的な身体を手に入れることができるようになりました。

水の宅配についてまだ具体的にはあまり書いてなかったので、今後は水の宅配について記事を書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です