水の種類やウォーターサーバーの詳細

水道水の特徴!水で老化を防ごう!

水道水の特徴

私たち日本人には、水道水が生活には不可欠です。

当たり前ですが、水道の蛇口をひねるだけで水が出てきます。

しかし、飲料水としては、水道水の味はいまいちです。

日本の水道水は、一昔前までは世界で一番安全で、飲料水にも使われていました。

しかし、経済のグローバル化に伴い、水道水も欧米と同様に「水道水は危険」となってしまいました。

また、情報量の増加によって、若年層では、水道水の飲料水として使用が急速に減少しています。

飲み水として水道水を飲まれる方は、極めて減少したのではないでしょうか。

水道水の「まずさ」は、「おいしさ」よりも安全性の方がプライオリティが高いからだと考えられます。

水道水の消毒前の状態は、病原微生物が含まれています。

このため、塩素を用いて消毒しています。

つまり、蛇口をひねって出る水は、「塩素で消毒」されているので安全ということです。

塩素は、その濃度はたえず監視されていて、人体への影響は極めて小さいということです。

でも、ちょっと怖いですし、イヤですよね。

我々が排出する汚水等によって、川や海そして地下水などの水環境の汚染が進行しています

水道水は、塩素の投入して、有害物質を取り除き、飲料水として使用できるよぅになります。

適量の塩素投入は、問題はないでしょうが、大量の塩素投入は危険です。

塩素は、トリハロメタンという発ガン性物質を含んでいると言われているからです。

有害物質を除くために、量によっては人体に悪影響を及ぼす塩素を投入する。

何か矛盾していますね。

水を節約する

節水がいろいろな場所でで活躍しているそうです。

節水と聞くと、豊かで快適な生活からほど遠いようなイメージがあります。

節水は、水道水の使用を少なくして生活するイメージもあります。

しかし、節水は、最近、快適な使用感を維持できるようになりました。

簡単・すぐに節水ができる製品として、節水蛇口、節水シャワー、節水洗濯機、節水トイレなどが見られます。

また、建物全体で節水ができる設備もあります。

トイレの場合は、雨水を蓄えて再活用する中水として、洗浄に使用します。

また、地下水がたくさん流れる所ではこれを活用し、水質浄化を行っている施設もあります。

このような節水対策によって、設備費は割高になりますが、水道水の使用が減少するため、その分水道料金が安くすみます。

今、水道水と較べて、水質は若干劣るものの、かなり安価な水が代用できるようになりました。

そして、節水を続けながら、快適性・利便性を確保できるようなりました。

ご自宅では、節水製品を使用するのもいいですが、日常的に少し注意をはらうことで、かなり節水が行えます。

例えば、水漏れのある蛇口・水栓は修理し、浴槽の蛇口に給水自動停止装置を設け、溢れるのを防止します。

蛇口から水がポタポタ漏れている場合は、毎分0.1リットルの水が排出されていることになります。

これを月額の水道料金(0.24円/リットル)に当てはめて算出すると、

0.1リットル×60分×24時間×30日×0.24円/リットル=1036円

更に、年間に直すと、12,442円です。

たいした故障ではないと考えがちですが、こんなにかかるのです。

台所や風呂、トイレの水周りを一度総点検することをお勧めします。

ウォータースタンド

新生児は水分が多いのはどうして?

人の体の水分含有率は、年齢・性別・肥満度によって異なります。

性別で見ると、男性は60%、女性は55%で、男性の方が高いです。

肥満度で見ると、やせている人は60%、太っている人は40%だそうです。

新生児について見ると、水分含有率は80%で、大人よりかなり高い割合を示しています。

その理由は、生後間もない頃は、活発な生理活動が行われ、水分を大量に必要とするためです。

一方、水分が多い分だけでは、抵抗力の低下を招きます。

有害物を摂取した場合、薬物は水に溶けやすいので、水分が少ない方が人体への危険は少ないのです。

生後間もない新生児は、抵抗力よりも、成長することが最も重要な活動なのかもしれません。

新生児は抵抗力の低下を招かないためにも、ウォーターサーバーのようなサービス(水を宅配してくれるサービスです。)を使って、常に水を絶やさないように心がけなければなりません。

水で老化を防ごう!

体が老化するとは、どういうことかご存知ですか。

水分が減少していくことなのです。

人の年齢別の水分割合は、新生児80%、成人60%ですが、老人になると50%以下になると言われています。

老化とは、ある意味、乾燥することであると考えられます。

水は、体の新陳代謝を助ける機能持っています。

老化すると、新陳代謝の働きが悪くなり、体内でつくられる水分量が減少し、体内の水分が少なくなるのです。

老化の身体的な指標として、カリウムの減少がよく使われます。

カリウムは、細胞内の水にカリウムイオンとして、微量含まれています

このカリウムが減少すると、細胞内の水が減少し、細胞の生命力が低下します。

このため、カリウムを含んだ水を飲まれている人は、若く見える(年齢にくらべて老化が遅い)とよく言われます。

もう一つ、老化の指標として、ナトリウムの増加があります。

水分が少なくなると、ナトリウムが増加し、細胞内に入り始めます。

この結果、神経痛や筋肉の老化などの症状を発生させるのです。

このように、老化には、水が密接に関係しており、老化予防には、良質な水の摂取が不可欠であると考えられます。

こういった観点からもウォーターサーバーというのは水を宅配してくれるのですから、貴重なサービスといえます。

水ダイエット

一般的な食事制限によるダイエットを適切に行うには、ダイエットしていない時よりも、水をたくさん摂取する必要があります。

なぜなら、食事制限によって、体が水分の欠乏状態にるからです。

普段、人の水分の摂取は、飲み物からと考えがちですが、飲み物とは別に、食物からも、1日1リットル前後の水分を摂取しているからです。

ダイエットには富士の青龍水が最適といわれています。そのわけはまた今度お話したいと思います。

私は大阪在住なのですが、また今度、大阪のウォーターサーバーの業者を紹介したいと思います。

水とお肌

人間の体は、約60%が水で占められているそうです。

簡単に言うと、「人間の体の半分以上は水」ということです。

体内の水の主な役割は以下のとおりです。

・体内に不要な尿と便の排せつ
・体内の栄養分の運搬
・発汗による体温調整
・血液濃度の調整

我々人間は、水がなくては存続が不可能です。

健康のためというよりもむしろ、『人類の存続』に水は不可欠なのです。

赤ちゃんの肌は、なぜあんなにピカピカ・ツルツルなんだとおもいますか。

理由は、体内の水分割合にあるのです。

赤ちゃんの体は、約80パーセントは水です。

しかし、年齢が増すごとに、水の割合は低下するのです。

そして、加齢に伴い、お肌がカサカサになるのです。

美容というと、すぐ「美容液、美容クリーム、パックなどの肌のお手入れ」をイメージし、最良の方法のように考えてしまいがちです。

しかし、本当はそうではありません。

お肌のお手入れは、体の外からの対応では、お肌の活性化の効果は期待薄です。

それは、お肌の細胞は、体内で形成されているからです。

みずみずしいお肌を保つ最も重要な方法は、良質な水を十分に補給することです。

水分補給によって、新陳代謝が活発になり、良質な細胞が形成され、老化のスピードを減速させるのです。

ということはやっぱりウォーターサーバーをレンタルして、毎日健康な水を宅配してもらっている人は、お肌の老化スピードが減速していると予想できます。

水を飲むと、、、太るってほんと?

ウォーターサーバーをレンタルしている人なんかは、

よく水を飲むと太るということを言います。

しかし、“水を飲むと太る”というのは、ただの迷信です。

(ただ、決してウォーターサーバーのレンタルが悪いというわけではありません。むしろおすすめです(笑))

なぜなら、水にはカロリーがないからです。

人間の体には、体内の水分量を調整する機能を持っています。

たとえば、水を一度に大量に摂取しても、不必要な水分は、尿や汗として自然に体外に排泄されます。

従って、体が健康な状態にあれば、必要な水が体内に残るだけで、水太りになるということは考えられません。

当たり前ですが、水を飲めば、水の重さが体重に加わり、一時的に体重は増加します。

しかし、時間が経過すると、水は排泄され、体重は元に戻ります。

「太る」というのは皮下脂肪の量が増えることです。

体内の水が増えることではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です