ウォーターサーバーの価格を比較!メリットや選ぶポイントは?

ウォーターサーバーの価格比較:メリットⅠ

最近、ウォーターサーバー流行ってますよね。ウォーターサーバーを扱う業者も増えて価格も下がってきたようなんで、どんどん利用者が増えているようですね。

ちょっと前までは、病院やサロン、会社など人の集まるところにある業務用というイメージでしたが、今では普通の一般家庭にウォーターサーバーがあるようですね。

そんなに手の届きやすい価格になったのでしょうか?まずウォーターサーバーが人気になったわけについて考えたいと思います。

やはり健康志向の方が増えたのがウォーターサーバーが人気の理由でしょうね。

何かウォーターサーバーがあるだけで健康を意識してます!って感じになりませんか?

やっぱり水道水の不味さも理由のひとつですよね。水道水の品質が問題視されたり、実際にカルキ臭い水を見たりすると、さすがに直では飲めなくなってきましたね。

しかし、水は私たちにとって欠かせないものですから、飲まないわけにはいきません。そこで、キレイな水ということで、候補にあがるのが、浄水器とミネラルウォーターの購入とウォーターサーバーですよね。

しかし、今一番人気が上昇しているのはウォーターサーバーだと思います。そこにはやはり、低価格化が進んできたことも理由の一つでしょう。

しかし、ウォーターサーバーを他と比べた場合、一番価格が低くなるというわけではないと思います。なので、浄水器とミネラルウォーターの購入とウォーターサーバーの価格以外のメリットなども考えていこうと思います。

ウォーターサーバーの価格比較:メリットⅡ

まず浄水器をつけた場合にかかる価格ですが、これは浄水器代とカートリッジ代です。

浄水器は選ぶものによってだいぶ差がありますが、どんな浄水器でも定期的にカートリッジの交換が必要ですよね。これをしないでおくと、浄水器の中で雑菌がいっぱい繁殖してしまい、キレイなお水にはなりませんよね。カートリッジは交換するごとに大体数千円かかるそうです。

これだけの価格を払っても、飲めるのは水道水をキレイにしたものです。それでイイという方もいらっしゃるでしょうが、せっかくお金をかけるなら、ミネラルウォーターなどを飲みたいですよね。そう思いませんか?

では、ミネラルウォーターを毎回、コンビニなどで購入した場合の価格を考えますと・・・これも飲む量や買うものの価格によりますので、一概には言えませんが、浄水器よりはするかもしれませんね。

でも、それで健康に良いミネラルウォーターが飲めるならイイという方もいらっしゃるでしょうが、毎回購入するのは面倒じゃないですか?何より重いですし・・・。そこで、ウォーターサーバーですよ。ウォーターサーバーなら、美味しいお水がご自宅に宅配されてくるんですから、重いことも面倒なこともありませんよね。ウォーターサーバーのお水は今かなりの種類から選べます。

どんなお水を選ぶかによって、ミネラルウォーターの購入のように差ができますが、大体12リットルのボトルで1000円~2000円程度が多いようですね。

かなりお得じゃないでしょうか?ウォーターサーバーの価格はもうここまで下がってきているんですね。これなら、手が届きますね。人気がでているのもわかります。

ウォーターサーバーの価格比較:メリットⅢ

ウォーターサーバーのメリットは価格だけではありません。ウォーターサーバーはもちろん冷たいお水がでますが、熱いお湯だってでるのです。

なので、コーヒーやカップラーメンなどにも利用できるのです。お湯を沸かす手間も省けます。それに災害時の緊急用のお水にも使えます。もちろん、ミネラルウォーターを冷やしておく必要がないので、冷蔵庫のスペースも活用できますね。

お水は、夜寝る前、朝起きてすぐはもちろん、運動後、入浴後、それ以外にもこまめに摂るのが良いとされています。

なので、ウォーターサーバーで手軽にお水を摂れるようになるということは素晴らしいですね。

しかも一日2リットルは摂った方が美容と健康に良いとされているお水ですから、意識して飲みたいものです。ウォーターサーバーを置いておけば、視界にも入りやすく、飲もう!という意識がしやすくなるでしょう。

では、ウォーターサーバーをレンタルする時のお水はどんなものが良いのでしょうか?

それはどういったことに使いたいか、どういった人が利用したいかによってかわってくるようです。ですが、一番は飲む人が美味しいと感じることが大切ではないでしょうか?美味しいと思えば、また飲みたくなるので、こまめに飲むことができます。

いくら体に良い成分が入っていても苦手だと感じるものは自然と避けるようになっていまうと思いますよ。なので、次回は美味しいお水の選び方、お水の種類などについて書いていこうかなと思っています。

ウォーターサーバーの価格比較:お水の価格Ⅰ

ウォーターサーバーのお水は種類がたくさんありますし、価格もまちまちです。ではどういったお水が高価格なのでしょうか?

それはやはり、成分や製法などによるようですね。ナチュラルウォーターというのは、特定の水源から採水され、殺菌などを行った水です。この水に自然とミネラルが溶け込んでいるのが、ナチュラルミネラルウォーターといいます。

これは希少価値がありますので、価格も高めになるようです。

そして、このナチュラルミネラルウォーターをまぜたり、ミネラルを人工的に加えたりしたものをミネラルウォーターといいます。

また、ROシステムというものでろ過した水は、普通では取り除けない有害な物質を全て取り除いてくれますが、ミネラルも取り除いてしまいます。この純水をピュアウォーターと言い、新生児やペットにも抵抗なく使える安全なお水といわれています。赤ちゃんのミルクなどにも使いたければ、より安心できるのはピュアウォーターですね。そのピュアウォーターに人工的にミネラルを配合したのは、RO水と呼ばれるそうです。

また、処理方法の制限がなく水道水などを処理したものをボトルドウォーターと呼びます。

やはり、ボトルドウォーターの価格は他の価格と比べると安くなりますね。

他にも、ミネラル成分の配合具合で、お水の価格は変わってきます。今人気のバナジウムが含有されていたりすると価格が上がりますね。

そして、硬水か軟水かでも価格が違います。比較的、硬水の価格の方が高いようですね。

ウォーターサーバーの価格比較:お水の価格Ⅱ

お水の価格は配合されているミネラル成分によってもかわってくることは前回お話させていただきましたね。

そして、バナジウムが配合されているものは価格が高くなるようだということ。も。では、なぜバナジウムが配合されていると価格がアップするのでしょうか?それはバナジウムの効能にあります。

バナジウムの効能には、血糖値を抑える働きがあるそうなんですよ。それに、中性脂肪の吸収を抑えてくれたり、体内の老廃物の排出を促してくれるデトックス効果も期待できるそうです。

なので、糖尿病予防や動脈硬化を防ぐといわれ、中高年を中心に大人気なんだそうです。

ダイエット効果も期待できるので、まず食事前に一杯飲むことを習慣づけている方もいらっしゃるようですね。

こんなに、すごい効能で、今かなり注目されているということもあって価格があがるんじゃないでしょうか?ちなみにバナジウムは富士山あたりの川で良質なものが含まれているそうですよ。

富士山の東側より西側・・・あれっ?西側より東側だっけ?ちょっと忘れましたが、どちらかの方が含有量が豊富ということらしいので、ウォーターサーバーの水をバナジウムにする場合はしっかり含有量も確認しましょう。バナジウムが少し含まれるだけでバナジウム水として価格をあげているところもあるようですからね。

他には、希少価値があるらしい、有機ゲルマニウムや亜鉛といったものが含まれているものが、やはり価格が上がるようですね。

このように成分だけで価格が左右されますし、またその成分の含有量によっても価格がかわってきます。なのでお水選びには、何を重要視するかが問題ですね。

価格を最重要視するのか、成分なのか、美味しいと感じる感覚なのか・・・せっかくですから、ウォーターサーバーのお水は全てかねそろえたお水にしたいものですね。

ウォーターサーバーの価格比較:ウォーターサーバーを選ぶポイントⅠ

ウォーターサーバーを選ぶ時には、やっぱり価格を抑えたいと思いますよね。では、ウォーターサーバーをレンタルする場合、何の価格がかかってくるのでしょうか?

簡単に挙げると、ウォーターサーバーのレンタル料、お水の価格、ウォーターサーバーのメンテナンス料、ウォーターサーバーを維持するための電気代、お水の配送料金といったかんじでしょうか?しかしこれは本当に各社様々な価格設定なんですよ。

最近はウォーターサーバーのレンタル料は、無料といったところが増えているようですね。

それに、故障した場合のメンテナンス料が無料のところも多いようです。電気代はだいたい各社ともに毎月1000円程度だそうです。メンテナンスは半年に1回や1年に1回の場合が多いようで、1回数千円程度のようですが、メンテナンスなしという会社もありますね。

そういったところは、水のボトルが使い捨てのものになっていて、ウォーターサーバーにセットして使っている時に、余計な空気が入りにくいので、より衛生的ということで、メンテナンスの必要がないということのようです。水のボトルには、使い捨てと回収とがありますので、回収ボトルは、空ボトルを保管しておくスペースも必要ですし、使用時にどうしても空気がボトル内に入りますので、使い捨てに比べると雑菌が繁殖しやすいので、メンテナンスも必要になるので使い捨ての方が良さそうですが、水ボトルの価格はやはり使い捨ての方が高く設定されているようです。

メンテナンス料をとるか、水ボトルの価格が高い方を選ぶかといったかんじですね。

ウォーターサーバーの価格比較:ウォーターサーバーを選ぶポイントⅡ

回収ボトルのウォーターサーバーか使い捨てボトルのウォーターサーバーかによって価格がかわってくることがわかりましたが、トータルでお得な価格になるのは、そのご家庭のお水の消費量によってかわってきますよ。毎月たくさんボトルを配達してもらう場合はやはり、水ボトルの価格が安いところを選ぶ方がお得になるでしょうし、あまり飲まないご家庭では、水ボトルの価格が少々高くても他にかかる価格が安ければお得になるでしょうからね。

しかし、価格だけで選んでしまうのもどうかと思いますよ。やっぱりメンテナンスをしてもらってキレイを確認したいという方もいらっしゃるでしょうしね。

それ以外にウォーターサーバーを選ぶポイントになるのは、ウォーターサーバーのデザインや大きさですね。昔に比べて、ウォーターサーバーのデザインはオシャレになりましたし、大きさはスリム化していっています。色が選べるウォーターサーバーを扱っている会社もあります。

ウォーターサーバーをレンタルする時の問題の一つが置き場所だと思います。

お部屋のスペースに収まるウォーターサーバーでなおかつ、お部屋の雰囲気をこわさず、できればインテリアのようなウォーターサーバーがいいですよね。

最近は、床に置くタイプだけじゃなく、テーブルにも置けるような小さい、卓上タイプのウォーターサーバーを扱っている会社も増えているようですので、お部屋で確保できるスペースにあわせて選びたいものですね。

ウォーターサーバーの価格比較:ウォーターサーバーを選ぶポイントⅢ

お水の宅配を頼む時に選ぶウォーターサーバーですが価格だけで決めてしまってはいけません。

使い捨てのボトルのウォーターサーバーか回収のボトルのものかで、衛生面を考えたり、ウォーターサーバー自体の大きさやデザインを考えたりしなくてはいけません。また、契約内容をしっかり確認することも大切です。

毎月、お水のボトルを何本以上とらなければいけないとか、ボトルの配送ペースだとか、ウォーターサーバーが故障した時の修理代もしくは交換代などや解約する場合にお金がかかってしまうのかなどです。

これらはかなり重要であとあともめる原因にもなりかねませんので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

せっかく安い価格ですませれても、後でいろいろと請求されたんではもともこもありませんからね。

そういったこともふまえて、会社の対応力というのも知っておきたいものですが、こればっかりは利用してみないとわからないですよね。

そこでオススメなのが「お試し」です。最近はどこのウォーターサーバー会社もお試しやキャンペーンなどを行っているようなので、これを積極的に活用してみるのが良いんではないでしょうか?

無料お試しなどは、試してみると契約しないといけない気になるかもしれませんし、また押し売りされるのでは?と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

今はインターネットの口コミサイトなどたくさんありますから、そいったことをすれば、すぐに広まってしまい会社にとってもダメージになりますからね。それに、自信があればそういったことは必要ないですからね。なので、お試しはオススメですよ。お水も飲み比べて選べますしね。

ウォーターサーバーの価格比較:各社の価格Ⅰ

ではウォーターサーバー会社が実際にどういった価格をうちだしているのか、またどういったサービスをしているのか調べましたので、簡単に書いていきますね。

オーケンウォーターは、お水が3種類から選べて、選ぶお水によって価格もかわってきます。「富士のバナジウム天然水」と「大分天領の銘水」の価格は12リットル1890円ですが、「京都・丹波の銘水」の価格は12リットル1680円です。ウォーターサーバーのレンタル料は無料で、故障した時のメンテナンスも無料でしてもらえます。ボトルは使い捨てで、ウォーターサーバーは卓上タイプもあります。

クリクラは、ROシステムで浄水した安全なお水の価格が12リットル1260円です。ウォーターサーバーのレンタル料は無料ですが、故障した時はお金がいるそうですね。ボトルは回収え、ウォーターサーバーはSサイズがありますよ。

コスモウォーターもお水が3種類から選べます。「富士の滴」と「日田の誉」の価格は12リットル1890円で、「古都の天然水」の価格は12リットル1680円です。オーケンウォーターと同じような価格設定ですね。ウォーターサーバーのレンタル料は無料で、故障した時のメンテナンスも無料というのも同じです。ボトルも同じく使い捨てで、卓上タイプのウォーターサーバーもあります。が、コスモウォーターのサーバーは色が5色から選べます。なので、お部屋の雰囲気に合うものを選ぶことができますね。

ウォーターサーバーの価格比較:各社の価格Ⅱ

ウォーターサーバー会社の価格設定、もしかして大差ないのかも・・・と思ったんですが、やはりありました!

ウォーターサーバーのレンタルを価格重視で決めるならココ!というところが、それはアルピナウォーターです。アルピナウォーターのお水は北アルプスの天然水で純度99.9%なので、赤ちゃんにも安心して使えます。

12リットルで価格はなんと995円なんですよ!1000円きってます!これは安いですね。ウォーターサーバーのレンタル料は無料ではないですが、それでもアルピナウォーターは低価格NO1なんじゃないでしょうか?お水をたくさん飲むご家庭はかなりお得ですよね。しかも2年に1回ウォーターサーバーを交換してくれます。

つまり、メンテナンス料は無料ということです。水のボトルは回収タイプですね。

ウォーターサーバー会社の中で一番知名度があるんじゃないかな?

と思うアクアクララは、4種類のミネラルがバランスよく配合された軟水のミネラルウォーターで価格は、12リットル1260円です。安めの価格設定ですね。アクアクララには、「あさぎり高原ハイパーバナジウム270」というお水もあり、そちらは8リットル1680円となっております。さすがに高濃度バナジウムを含んでいると価格はぐんと上がりますね。

ウォーターサーバーのレンタル料はかかりますが、メンテナンス料は無料となっています。もちろんサーバーが故障した時のメンテナンスも無料です。また、サーバーの種類がいろいろあり、ディズニーキャラのサーバーなんかもあります。